グッズを買いアイドルを追っかけ!日本マニア増加中=台湾メディア

 台湾では10数年前に「哈日族」という流行語ができ、日本の文化を好む“日本マニア”をそう呼んできた。台北市内の繁華街・西門町の萬年商場というビルで、日本の雑誌や文房具・アイドルグッズなどを買い集め、カラオケでJ−POPを歌うなどして、満足していたとのこと。「だが現在の日本マニアは、現地に飛んで惜しまずにお金を使う」と、台湾メディアが報道した。

 日刊紙「中國時報(チャイナ・タイムス)」は「日本好きな人間は、台湾でおとなしくしていない。日本に行ってコンサートや映画を見たり、スターを追っかけたり、グルメを楽しんだりと行動的だ」とし、「高校生はテレビやゲームで日本語を自主学習している子たちが多いが、日本語のウェブサイトの内容は理解できる。コンサートチケットの購入方法やお得クーポンの入手方法など、把握しているようだ」と伝えた。

 例を挙げ「例えばジャニーズ・アイドルのコンサートチケットを購入するには、ファンクラブに入会することが鉄則。友人に頼んだり、親に相談したりする台湾の若者は多い。親がインターネットを使って、我が子のために高額なコンサートチケットを手配したケースが話題になったほどだ」などと報道。「松田聖子、SMAP、嵐、AKB48など、それぞれの年代を代表するアイドルファンを続けている台湾人は存在する。コンサートだけでは満足できなくなり、木村拓哉の母親が経営するショップや後藤真希の実家のレストラン、浜崎あゆみのお気に入りの店などを訪ねた台湾のファンがいた」と、海外のスターである日本の芸能人に夢中になっている台湾人が少なくないことを紹介した。アルバイトしたお金を使って、日本に行ってコンサートや映画を見る学生たちの姿が目立つようだ。

 中國時報は続けて「現在の台湾では日本のドラマや音楽、本に雑誌、流行商品は、実は日本とほぼ同時に触れられるケースがほとんど」という現状を伝え、「日本の歴史・文化・思想・習慣は台湾に影響を与え、台湾人が日本好きなのは根付いている」と、とことん親日家であると訴えている。また「関西取材の時に訪ねた神戸牛の有名なレストランには台湾観光客がよく来店するそうだが、インターネットで予約を入れてくるらしい」といった、情報も掲載。中国語の話せるスタッフがいなくても、ネットを使えば確かに予約は可能だ。「台湾人を始め、円安の影響で日本へ旅行するアジア各国の人々がどんどん増えている」と報道を結んだ。

 好きな芸能人に会いに行く行動的なファンのほかにも、ショッピングや美食などさまざまなテーマで、台湾人は日本を旅するのであろう。2010年10月には、東京・羽田空港と台北・松山空港を結ぶ便が就航し距離がぐっと近くなった。台湾の人々は円安の日本に来てもらい、個々の求める日本を思う存分楽しんでほしいものだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00000006-scn-int

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

交流:書写で「平和」の二文字 日光市立豊岡中、韓国人中学生と /栃木

 日光市の市立豊岡中学校(柏木英治校長、177人)に27日、韓国の中学生45人が訪れ、一緒に授業を受けるなどして、交流した。

 日韓文化交流基金(東京都港区)が1998年から進めている事業。日韓の学生・生徒300人〜400人を毎年派遣・招請している。日光市での交流は09年度の東中学校に続いて2度目。今回は韓国全土から選抜された45人が訪れた。
 初めに体育館で対面式があり、柏木校長が「身ぶり、手ぶりでお互い交流を深めてほしい」とあいさつ。韓国の中学生らは豊岡中の生徒とペアを組み、それぞれの教室に移動した後、互いに英語や日本語で自己紹介した。
 引き続き体験授業があった。1年1組は書写で、毛筆の楷書で「平和」などの書き方を習った。昼食後は、全体で合唱やダンスなどを学びながら交流した。
 韓国での外国語学習は、英語をメインに第2外国語として日本語か中国語を学ぶという。日本のアニメやドラマを通じて日本語を覚える生徒もいる。「アニメは『ワンピース』、ドラマは『ごくせん』が好き」という光州市の中学2年、キム・イェラムさん(14)は2年前から独学で日本語を学び、日本語で自己紹介。「将来は国際的な仕事をしたい」と話していた。【浅見茂晴】
5月28日朝刊

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000116-mailo-l09

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

神戸のバーで「英語人狼」-英語でうそつき合い、「世界広げる場に」 /兵庫

神戸のバーで「英語人狼」−英語でうそつき合い、「世界広げる場に」 /兵庫

英語を母国語とする外国人から英語初心者まで14人が参加した

 大人のうそつきゲーム「人狼」を開催する「神戸人狼」は4月20日、神戸・三宮高架下のバー「BAR YUME-YA ZERO」(神戸市中央区北長狭通2)で英語だけでゲームを行う「英語人狼」を開催した。神戸の英会話スクール「WINGS」との共催。(神戸経済新聞)

【画像】 ゲームを終えた参加者ら

 新たな試みで、ゲームは英語だけでコミュニケーションができることが参加資格。参加者の一人で、同英会話スクールを経営する太田恵子さんが「語学学習やグローバルな価値観を養うのに最適」と感じて英語人狼を発案した。

 当日は英語を母国語とする外国人から「恥をかくつもりで来た」と話す英語初心者まで14人が参加。「ゲームが始まってしまえば大きな問題はなかった。お互いの語学力を超えて対等にうそをつき合っている姿はまさに『思惑通り』だった」と主催者の鈴木敏郎さん。

 「世界的なビジネスや、日本からの発信力を強くするために必要な『異質なものを受け入れる価値観』を身に付ける第一歩になることを目指している。今後も、英語を使う場としてだけでなく、外国人との自然なコミュニケーションを通じて、価値観や世界を広げる場として英語人狼を続けていきたい」(太田さん)。

 次回の開催は未定だが、今後も定期的な開催を予定している。次回告知は「神戸人狼」ホームページかフェイスブックページで行う。

 「人狼」はテレビ番組でも取り上げられるようになったコミュニケーションゲーム。2つのチームに分かれて、演技力や洞察力でうそを暴き合う。昨年10月に始まった「神戸人狼」では月1回イベントを開いており、これまでに170人が参加している。

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130504-00000002-minkei-l28

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

PS Vita用ソフト『ネクレボ 英検』が2013年7月25日に発売決定

PS Vita用ソフト『ネクレボ 英検』が2013年7月25日に発売決定

●SNSサイト“ネクレボ”とリアルタイム連携
 資格・語学・学習系ソフト、eラーニングなどを中心に個人・企業向けコンテンツ開発事業を展開するメディアファイブは、プレイステーション Vita用ソフト『ネクレボ 英検』を2013年7月25日に発売することを発表した。

 本作は、年間受験者数230万人を誇る語学資格の定番で、高校入試の内申点加点、大学での単位認定や留学時の語学力の証明など、取得メリットが多い資格“英検”に関する知識が学べるソフト。2013年4月発売の『TOEIC TEST 実戦 特訓2』と並ぶ語学の定番タイトルとなっている。問題は、旺文社「2013年版 英検過去6回全問題集」、「英検予想問題ドリル改定新版」から厳選収録。また、メディアファイブのSNSサイト“ネクレボ”への学習履歴連携機能を追加ダウンロード(ダウンロード開始日は近日告知予定)でき、本作で学習した正解数などの記録を、SNSサイト“ネクレボ”と連携することが可能。学習した成果を利用してランキングに参加したり、合格の可能性診断したり、サイトに集う仲間と交流することができる。

【本ソフトの特長 学習に役立つ4つの機能】 ※リリースを抜粋
■弊社SNSサイト「ネクレボ」とリアルタイム連携しています。
PS Vita で学習した結果を「ネクレボ」に送信すると、全国ランキングや現在の合格可能性判定が分かります。学習履歴と連動したソーシャルゲーム「国盗り天下人」にも参加でき、学習のモチベーションアップが図れます。

■ゲーム化した単語学習や、ダウンロードによるカスタマイズが楽しめます。

■(1)【学習ナビ】学習コースを提案するスケジュールナビを搭載し、学習方法をナビゲートします。
(2)【練習問題】出題→正誤判定→解説確認の繰り返しで、積み重ね学習が行えます。
(3)【模擬試験】実際の試験と同じ条件で解答できます。

(4)【ゲーム学習】重要用語を使って楽しく学習が行えます。

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000001-famitsu-game

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

Open Network LabデモデーSpring 2013 – 第6期は著名サービスを採択

Open Network LabデモデーSpring 2013 - 第6期は著名サービスを採択

写真:TechCrunch

デジタルガレージ、カカクコム、ネットプライスが手がけるインキュベーション事業Open Network Lab(以下、Onlab)の第6期生のデモデーが本日開催された。前回の第5期生には昨年のTechCrunch Tokyo スタートアップバトルに出場したWHILLや、スパルタ、スマクルといったスタートアップを輩出したOnlabだが、今期は珍しい展開となった。

KDDIのインキュベーション、∞Labo 第4期生採択チーム発表 ? 新たにHTML5枠も追加

というのも、Onlab第6期採択チームの3社のうち2社はすでによく知られていて、実績のあるスタートアップだったからだ。100近い応募の中からすでに知られている2社を採択したことにより、デモデーでの新鮮味には欠けていた。もちろんインキュベーションとして優れたスタートアップを選ぶのは当然のことだが、外野からすると少し残念な気持ちがある。悪いことに今期採択された3チームのうち1チームはデモが間に合わなかったためにデモデーでお披露目されることはなかった。

ここからは第6期に採択された2社を紹介するが、読者の方はすでにご存知のものが多いかもしれない。

papelook/pape.mu girlsすでに500万ダウンロードを突破し、今年3月にAndroid版のリリース後は毎月50万ダウンロードされている女性向けのアプリがpapelookだ。

このアプリは写真を切り抜いたり、コラージュしたりして写真を加工するためのツールで、デイリーアクティブユーザー(DAU)は23万人、マンスリーアクティブユーザー(MAU)は148万人を誇る。利用者の8割が女性で、75%は日本のユーザーだそうで、15歳から29歳の女性のiPhoneユーザーのうち2人に1人は使っているという若い女子には必須になっているアプリのようだ。

パペルック代表取締役社長の小澤一郎氏によると、日本のApp Storeのカメラランキングでは年間累計でYouTube、LINEカメラの次にダウンロードされているそうだ。

今後はスタンプ課金やスタンプ広告を来週から提供する予定だが、同社のメインのビジネスモデルではないという。

収益化のメインとなるのは同社が提供しているpape.mu girsだという。こちらもターゲットユーザー層は同じく、女性だがpapelookとは違いファッションメディアとして機能している。ユーザーが好きな女性誌を選ぶと、その雑誌に適したファッションアイテムや載っているモデルのブログなどから写真を取得しタイムライン形式で表示する。

こちらは昨年1月にリリースしてから25万ダウンロード、MAUが5万人、月間PVが600万とpapelookには劣るものの、1日あたりの平均滞在時間は50分だというから驚きだ。

このpape.mu girls上では気になる服をそのまま購入することもできるのだが、今後はブランドの全面広告の導入(バナーではなく、ページ1面に広告を表示する)、掲載されているモデルが着ている服をそのまま購入できる機能などを提供していくことで収益化を図るそうだ。

Lang-8Lang-8は語学学習サービスでユーザー同士が学びたい言語の文章を添削してもらう代わりに、相手のユーザー書いた自分の母国語の文章を添削するものだ。

Lang-8のサービス開始は5年前とインキュベーション参加チームとしては珍しいが、Onlab参加後は成長率がグンと上がったとLang-8代表取締役の喜洋洋氏はいう。サービス内に投稿されるコンテンツは約1.5倍、添削数は約3倍、そして一番重要視している添削率は72%から94%まで改善されたそうだ。

この成長を後押ししているのが人材だ。以前はほぼ喜氏1人で運営していたのだが、Onlab採択後に元クックパッドの佐々木達也氏とデザイナーがジョインし、開発のスピードが増したのが主な要因だ。

リソースが増え、デスクトップのみ先に改善をしたところ上記のような改善が見られたそうで、今後はスマートフォンにも最適化し、さらなる成長を目指す。

収益化に関してはすでにプレミアムモデルでの課金が用意されており、プレミアムユーザーも順調に増えているそうだが、有料での添削やチューターとしてSkype等でのレッスンができる機能を提供する予定だという。

Onlab 第6期生のサービスで今回デモデーに登壇したのはこの2つだった。すでによく知られているスタートアップのサービスだったので、冒頭でも述べたように読者にとっても新鮮さには欠けるものに違いない。

この他、第1期から第5期に採択されたスタートアップの新サービス–Compath.meのKiDDY、お願いカンパニーのプログラミングスクールSpathSchool–と、FindJPNからリニューアルしたVoyaginが発表された(Voyaginは本誌でも取り上げられている)。この他、非公開プロダクトが1つ発表された。このうち、Compath.meの新サービスKiDDYをご紹介しておこう。こちらのビボット組のほうが、新鮮さを感じたのは間違いない。

KiDDY – Compath.meKiDDYは家族内だけで共有したいものをクローズドな場で共有するためのアプリだ。Facebookなどではシェアしたくない家族内の写真をストックできる。使い方は簡単で写真を撮り、コメントを付けてアップロードするだけで、写真はカレンダー風に日付とともに表示されるデザインになっている。

このサービスは昨年末にリリースされ、今のところ最も需要のある子供の成長記録をアーカイブするためのアプリとして約1万世帯に利用されているそうだ(家族間で使うので世帯数を公開している。そのため、ダウンロード数ではこの2倍~3倍だろう)。

アップロードされた写真は累計22万枚で、ユーザー数は毎月約120%成長、DAUは約20%、WAUは約50%と順調に成長しているという。

収益化の方法はKiDDY内にアップロードされた写真をオシャレなポストカードにして届けるモデルで、今後は100枚ごとにまとめてアルバム風にしたものを定期的に配送する機能も予定している。

また、子供の成長記録をアーカイブするためのアプリという使われ方の他に、健康記録を管理するためにも使われるようになるとKiDDYを運営するCompath.me代表取締役社長の安藤拓道氏はいう。

現在は親や祖父母が子供・孫の写真を見るために登録して使っているが、徐々に健康管理にもKiDDYアプリを使うようになるという考えだ。

以上がデモデーで発表されたサービスだ。

なお、採択チームは少ないが6期生の中で最優秀チームが発表され、パペルックが選ばれている。

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00016680-techcr-sci

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

24時間365日、眠らない図書館? 各地のユニークな図書館ご紹介

24時間365日、眠らない図書館? 各地のユニークな図書館ご紹介

?本のコロセウム?をテーマとした国際教養大学の図書館。オシャレ図書館で勉強もはかどりそうですね(SUUMOジャーナル)

現在公開中の映画『図書館戦争』が話題だ。この映画は、国家によるメディア検閲が正当化された架空の社会を舞台に、自衛組織「図書隊」の新人女性隊員が、鬼教官や仲間たちに助けられながら、本を読む自由を死守すべく戦いに身を投じていく物語だ。

ところでこの映画の舞台となっている図書館。みなさんは、従来のイメージを覆すような新しいタイプの図書館が各地に誕生しているのをご存じだろうか。例えば「東京都北区立中央図書館」。こちらは、1919年に建設された赤レンガ倉庫(旧陸上自衛隊十条駐屯地275号棟)を一部利用して、2008年に開館した図書館だ。ユニバーサルデザインを取り入れた館内にはカフェも併設しており、多くの利用者でにぎわっている。

そこでここでは、全国のユニークでちょっとオシャレな図書館をいくつかご紹介したい。

■長崎市立図書館
ガラス張りの外観は?開かれた図書館?を、レンガ調のタイルは?歴史ある長崎らしさ?を、それぞれイメージして2008年に開館した図書館。館内の一角にはステンドグラスも設えられ、より長崎らしさを感じさせる。屋上庭園や緑化のための壁面ルーバー、太陽光発電などの環境に配慮した各設備も充実。

■武蔵野美術大学図書館
?美術館機能と図書館機能の一体的な展開?というテーマで2010年に建てられた、美術大らしい図書館。新しい時代の大学図書館を目指してICT技術を積極的に導入し、?ブックタッチ?などの「ユビキタスライブラリー」機能や、「ラーニング・コモンズ」の環境を整えている。

■国際教養大学図書館
授業はすべて英語で行われ、ほぼ100%という驚異的な就職率を誇る注目の大学「国際教養大学」の図書館。在学生と教職員スタッフは、24時間、365日図書館を利用することができる(一般の方の利用時間はこちら)。

ではここで、上記の国際教養大学の図書館について広報課にお話を聞いてみたのでご紹介しよう。
「国際教養大学の図書館は、洋書を中心に約7万冊の蔵書を有しております。また、『IT教室』のほかに、学生が専門教員のアドバイスを受けながら個々の学習計画に応じて語学を学ぶことができる『言語異文化学習センター』なども設置された複合学習施設となっています。?学生にいつでも勉強する場を提供したい?、国際教養大学のそんな想いが、この図書館には込められています」

また、図書館のデザインについては次のようにお答えいただいた。
「本学の図書館は、?本のコロセウム?をテーマとしたデザインで、天井高12m、半径22mの半円ホールには、秋田県産のスギが使われています。6本の支柱が天井を支える伝統技術を活かした傘型の梁は、木材の美しさを強調し、その温かみを利用者に感じさせる繊細で深遠な空間となっています。また、半円形に広がるばかりではなく、段状にも広がるコロセウム状の空間は、中心部の座席に対しては本に囲まれる喜びを、段状の外周部の座席に対して展望的な景観を提供し、利用者の気分に合わせて学習意欲を喚起します」

今回ご紹介したのはほんの一部。みなさんの住んでいる地域にはどんな図書館があるのだろうか。たまには散歩がてら、訪れてみてはいかがだろうか。

SUUMOジャーナルピックアップ

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00044241-suumoj-life

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

ロゼッタストーン、企業の福利厚生に対応した語学コンサルテーションを開始

ロゼッタストーン、企業の福利厚生に対応した語学コンサルテーションを開始

(写真:マイナビニュース)

ロゼッタストーン・ジャパンは5月22日、企業の福利厚生に対応した語学コンサルテーションを開始すると発表した。

同サービスは、語学に関する企業の従業員教育のニーズが年々高まる中で、「独自の語学研修だけでは従業員の十分な語学スキルアップが図れない」といった企業の課題に応えるもの。語学研修ノウハウが乏しい企業や、語学研修の予算捻出に悩む企業にも対応する。

また、現在は従業員が自ら全額を負担して言語学習を行わざるをえないようなケースも多いが、同社には以前から福利厚生として言語学習を取り入れたいという企業の声が寄せられており、そういった声は近年さらに強くなっているという。

同社は福利厚生としての語学教育の需要は今後も強まると見ており、語学コンサルテーションを提供することで、語学習得の支援体制作りに関するサービスを強化する。コンサルテーションの内容は、「福利厚生としての語学支援相談」「語学習得プログラム企画支援」「語学習得フォローアップ支援」「業種・企業規模別の福利厚生導入事例の提供」「修了証の発行」の5つ。

(Sherpa)

[マイナビニュース]

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000076-mycomj-sci

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

文科省、英語教育状況調査の結果発表…先生・生徒の英語力が明確に

文科省、英語教育状況調査の結果発表…先生・生徒の英語力が明確に

ALTの活用人数の状況(中学校)

 文部科学省が公表した英語教育状況調査の結果によると、中学3年生で英検3級以上を取得している生徒は16.2%、高校3年生で英検準2級以上を取得している生徒は10.6%であることが明らかになった。生徒のほか、英語担当教員の英語力も調査している。

関連画像を見る

 外国語能力の向上に関する検討会は、2011年6月に「国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策」を取りまとめた。これらを推進していく上で必要な実態を把握するため、すべての公立中学校と高校を対象に同調査を実施。調査期間は、2012年10月23日〜2013年1月11日。

 生徒の英語力について、中学3年生で英検3級以上を取得している生徒は16.2%だった。取得はしてないが英検3級以上相当の英語力を有すると思われる生徒は15.0%で、合わせると31.2%となり、2011年度調査結果より5.7ポイント増加した。

 高校3年生で英検準2級以上を取得している生徒は10.6%。取得はしていないが英検準2級以上相当の英語力を有すると思われる生徒は20.4%で、合わせると31.0%となり、2011年度調査結果より微増した。

 ALT(外国語指導助手)の総数は、中学校が8,505人。内訳は、「JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)によるALT」が30.1%ともっとも多く、次いで「請負契約によるALT」27.0%、「JETプログラム以外で自治体が独自に直接雇用しているALT」20.1%、「派遣契約によるALT」18.5%が続いた。

 高校では、ALTの総数2,635人のうち、「JETプログラムによるALT」が60.4%ともっとも多く、次いで「JETプログラム以外で自治体が独自に直接雇用している ALT」15.9%、「請負契約によるALT」15.0%、「派遣契約によるALT」5.0%が続いた。

 英語担当教員の英語力について、「英検準1級以上」または「TOEFLのPBT550点以上」「CBT213点以上」「iBT80点以上」「TOEIC730点以上」を取得している教員は、中学校が27.7%、高校が52.3%。当該試験の受験経験のある教員は、中学校が75.4%、高校が74.6%に上る。

《リセマム 工藤 めぐみ》

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00000006-resemom-life

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

「カメラの砂塵対策」や「トイレットペーパー持参」=中国旅行十大攻略法―米国人記者

「カメラの砂塵対策」や「トイレットペーパー持参」=中国旅行十大攻略法—米国人記者

3日、ある米国人記者が、中国を旅行する際のちょっとしたコツをまとめた。角度を変えて中国を見れば、カルチャーギャップによってもたらされる全く新たな世界が、あなたの前に現れるかもしれない。資料写真。

2013年4月3日、ある米国人記者が、中国を旅行する際のちょっとしたコツをまとめた。角度を変えて中国を見れば、カルチャーギャップによってもたらされる全く新たな世界が、あなたの前に現れるかもしれない。新華社通信(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

(1)砂塵対策!カメラバッグとレンズフィルターは必須

中国でベストショットを撮るために、出発前に必ず用意するべきものは、カメラバッグとレンズフィルターだ。中国の砂埃は凄まじく、撮影器材へのダメージはかなり大きいため、安価で質もそこそこ良い保護グッズは必ず持って行くこと。

(2)話声の大きさにビビらない

中国人は、往々にして、大きな声を上げ激しい口調で話す。外国人から見れば、まるで口論しているようだ。

(3)質問は高校生に

現地の人に質問したい時や助けてもらいたい時には、高校生を探すこと。25歳以下の人は、中国語の共通語や英語が話せる可能性が高い。英語を何年か学んでいるけれども英語圏の人と話をしたことのない学生とは、筆談でのコミュニケーションも可能。

(4)旅行の安全性はピカ一

安全面では、何ら心配することはない。女性観光客・個人観光客・家族旅行者にとって、中国は世界で最も安全な国の1つ。

(5)ポラロイドカメラで撮った写真をプレゼント

プレゼントは、贈って喜ばれるものが何よりだ。中国の農村部を訪れ、現地でお世話になった人になにかお礼をしたい時、何をプレゼントしたらよいのか分からない、というケースがよくある。こんな時は、ポラロイドカメラで写真を撮り、その場でプレゼントすると、大変喜ばれる。

(6)トイレットペーパーを常に持ち歩く

中国の公衆トイレには、トイレットペーパーが備え付けられていない場合が多い。自分で携帯することをゆめゆめ忘れないように。

(7)「ご飯」のオーダーは正確な方法で

レストランで食事する際、白い「ご飯」が料理と一緒に供されることは滅多に無く、食事が終わりかけたころにようやく出て来る場合が多い。ご飯が欲しい時には、「すぐに持ってきて下さい」とはっきりと給仕員に頼むこと。

(8)「中国式朝食」は極力避ける

中国のレストランの朝食の多くは、現地の人々の舌に合ったものが供される。この朝食は、子供や好き嫌いの激しい人には苦手であろう。各自の好きな軽食やミルクを準備した方が良い。

(9)お金を使う習慣に適宜従う

上海のタクシー運転手は硬貨を好むが、中国の北部・西部の行商人は紙幣を好む。

(10)ホテルで4人1室は当たり前

中国のホテルでは、「ベッド1台に宿泊客1人」という制約はない。子連れ客の場合はことさらだ。家族旅行では、ホテル代の大幅な節約になる。4人家族が2部屋に別れる必要などなく、大きめのベッド2台が備えられたツインルームで十分だ。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/内山)

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00000027-rcdc-cn

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。

マナビノ、教員採用試験対策ドリルなど3教材…スマホやPCで利用可

マナビノ、教員採用試験対策ドリルなど3教材…スマホやPCで利用可

教員試験一問一答

 学習コンテンツプラットフォーム「Manavino(マナビノ)」から教員採用試験対策ドリル「教員試験一問一答」など3種類のデジタル教材が4月17日より提供開始された。教材は、スマートフォンやタブレット、パソコンで利用できる。

関連画像を見る

 「教員試験一問一答」は、教員採用試験対策講座を長年提供している時事通信出版局が「教員教養」と「一般教養」で出題される重要事項を厳選した学習ドリル。教員教養は「教育史等の頻出ベスト10」「生徒指導、特別支援の基礎知識」など100問、一般教養は「時事問題の総まとめ」「苦手克服!化学反応」など200問を提供する。価格は月額300円。今後、7地域の県別予想テストを新たに追加提供予定という。

 「実践!映像塾」は、最新のデジタル映像制作のノウハウやテクニックを詰め込んだ映像教材。映画やCM制作などの第一線で活躍するクリエイターが講師となり、最新機材の紹介や実践的な作業工程について実例を通して解説する。価格は月額500円から。

 「動学mini」は、Microsoft OfficeやWindows8などの操作方法や、ビジネスマナー、マネジメント、システム開発などのビジネススキルを動画で学ぶことができる学習サービス。動画教材38タイトルにサンプルファイルや副読本が付属している。

 マナビノは、NTTラーニングシステムが提供する学習コンテンツプラットフォームで、NHKエデュケーショナルや日教販、アルクなどさまざまな教育機関との提携により、ICTを活用した新しい学習環境を提供する。

◆教員試験一問一答
価格:月額300円
教材の構成:
【一般教養:200問】部位別慣用句ベスト10/冒頭文から日本文学ベスト10/英会話の基本ベスト10 欧文略語・単語/世界の近現代史/江戸の三大改革/分かる!国会・内閣・裁判所 芸術教科の総まとめ/体育・スポーツルール/時事問題の総まとめ
苦手克服!計算問題/苦手克服!力学/苦手克服!豆電球など/
苦手克服!気体の性質/苦手克服!化学反応/頻出!動植物の分類など
頻出!遺伝など/分かる!地層、火山、地震 /分かる!天体・天気/知っておこう!環境、情報
【教員教養:100問】教育史等の頻出ベスト10/生徒指導、特別支援の基礎知識/教育課程等の総まとめ 頻出法規パート1/頻出法規パート2/頻出法規パート3/学習理論等の頻出ベスト10/カウンセリング等の頻出ベスト10 /学習指導要領のポイント10/教育時事の頻出ベスト10
提供事業者:時事通信出版局

◆実践!映像塾
価格:
1か月から手軽に利用できる月額継続プラン:月額500円
90日間見放題のおトクな一括払いプラン:980円
教材の構成:
01.撮影講座(基礎編)<講師 福本淳>
02.撮影講座(応用編)<講師 福本淳>
03.照明講座 <講師 内野泰宏>
04.録音講座(録音編)<講師 久連石由文>
05.編集講座(基礎編)<講師 掛須 秀一>
06.編集講座(テクニック編)<講師 掛須 秀一>
07.ビジュアルエフェクト講座(モーション編)<講師 寺田泰>
08.ビジュアルエフェクト講座(エフェクト編)<講師 寺田泰>
09.ビジュアルエフェクト講座(コンポジット編)<講師 進威志>
10.3DCG講座(3ds Max)<講師 亘理明生>
11.3DCG講座(Maya)<講師 鴫原和弘>
12.録音講座(音響効果・ミックス編)<講師 久連石由文、松浦大樹>
提供事業者:パイプライン、NTTラーニングシステムズ

◆動学mini
価格:
1か月から手軽に利用できる月額継続プラン:月額500円
90日間見放題のおトクな一括払いプラン:980円
教材の構成:
【Microsoft Office】
Word2013 上巻・下巻/Excel2013 上巻・下巻/PowerPoint2013 上巻・下巻
Word2010 上巻・下巻/Excel2010 上巻・下巻/PowerPoint2010 上巻・下巻
Word 2007 上巻・下巻/Excel 2007 上巻・下巻/PowerPoint 2007 上巻・下巻
Access 2007 上巻・下巻/Excel VBA Vol.1?3
【Windows】
Windows 8/Windows 7
【ビジネススキル】
ビジネスマナー 身だしなみ・姿勢編/ビジネスマナー 社内コミュニケーション編
ビジネスマナー 電話応対・訪問編/メンタルヘルス対策基礎知識
クレーム対応基礎知識/プレゼンテーション基礎/セールスマナー講座
マネジメント力向上講座/情報漏洩対策/システム開発入門/システム仕様書入門
決算書 決算の基礎知識/財務諸表の見方・読み方

《リセマム 工藤 めぐみ》

【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130417-00000009-resemom-life

※この記事の著作権は【配信元】に帰属します。